流れ流れて
b0000608_2035748.jpg
6日に真名瀬へ富士山を撮りに行ったとき、芝崎の方向に大きな建築物があるのに気がつき、また工事かと思っていた。その後、私的癒景の巨大な漂着物を読んで、それは建築物ではなく漂着物だと知る。昼前に行ってみたが、それはまだそこにあった。

b0000608_20383191.jpg
撤去作業が行われている様子はなく、誰かが近づかないように見張っているのか警備員が一人と、様子を見に来た警官が一人。他は釣り人が二、三人いるだけ。なんだかのどかな雰囲気さえ漂っている。それにしても自然の力は凄まじいと改めて思う。

外部リンク:神奈川新聞記事
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2008-12-09 20:47 | 暮らし
<< 椿 12月8日の空 >>