ウッドデッキのカビ対策
b0000608_11243899.jpg
雨が降った翌日に、ウッドデッキの一部に白い小さなカビが点々と現れるようになった。ウッドデッキの床部分に使っている木材は、カリエン。東南アジア原産のハードウッドで、高級感があり、耐久性も高いらしい。そこにオスモのウッドステインプロテクター(ウォールナット)を塗装した。里山のすぐそばなのでカビも仕方ないのかとも思ったが、よく見てみるとカビは全体的に発生しているわけではなく、一部の木材と清掃用に取り外せる部分の木口だけ。そこだけがたまたまカビの発生しやすい条件が重なったのかもしれない。オスモをもう一度塗っても良かったが、残っていた柿渋を全体に2〜3回塗布。さらに木口部分には、こちらも残っていたリボス(メルドスハードオイル)を塗布。これでしばらく様子を見ることに。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2010-10-06 11:36 | My Home
<< 雨のバルコニー きのこの玄米リゾットとカボチャ... >>