電子出版への道(3)
 調べていくと、iTunes Store(App Store)でアプリを公開する前に、Mac上で充分なシミュレーションをするともに実際のiPhone/iPadでも問題がないか検証する必要があるようだ。そのためには、やはり有料(年会費¥10,800)のApple Developer Programに参加する必要がある。何とか無料で出来ないかと思っていたが、全世界に発信できるわけだから、それぐらいは支払ってもいいのかもしれない。アプリ開発から公開まではこちらのサイトが参考になるかもしれない。「目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2010-10-23 17:33 | Mac & PC
<< 電子出版への道(4) neiro cafe >>