リスたちの朝食
b0000608_18205832.jpg
ふと窓の外を見ると、一匹のリスが風に揺れる木の枝で木の実を食べている。写真を撮ろうと、カメラのある一階へ下り、また二階に戻って何枚か撮っているうち、急にサッと居なくなってしまった。さてはカメラ越しに私の視線を感じたのか。いやそれくらいでないと生き残れないのかも、などと思っていると、タタタタッと戻って来た。今度は二匹だ。仲間を呼んで来たのだろう。どうやら撮影よりも食事らしい。友達か、それとも恋人か。よくは分からないが、二匹は夢中で木の実を食べていた。私は時折ヒラヒラとやって来るトビの影を少し気に掛けながら、リスたちが無事に朝食を終えるまで、しばらくの間、彼らを眺めていた。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2010-11-24 18:51 | 暮らし
<< 冬の花火 夕闇(江ノ島〜丹沢) >>