原子力発電について
私はこれまで原子力発電については、正直、それほど関心を持っていませんでした。いわゆる「容認派」と言えるかもしれません。反対派の人々は何だかヒステリックに思えましたし、日本の電力の3割も占めている原発がなくなると電気が足らなくて困ってしまうだろう、それに安全だからいいんじゃない、くらいの意識だったのです。しかし、今回の福島原発の事故を受け、自分なりに色々と調べてその恐ろしさを知り、妻(もともと原発に反対)や友人たちと良く話し合いもしました。その結果、原発に対しましては、妻同様に、これ以上作ってはいけない、現存している54基についても早急に廃止すべきだ、という結論に達しました。無関心であるということが、ときに大変な事態を招くこともあります。原子力発電について考える上で、下記リンク先の動画も、大変参考になると思います。お時間と電気がありましたら、是非、御覧下さいませ。

原発導入のシナリオ〜冷戦下の対日原子力戦略〜(リンク先YouTube)
唯一の被爆国である日本がどうして核(原子力発電)を受入れることになったのか。
1994年放送のNHK現代史スクープドキュメントで、合計約45分です。
※厳密には著作権的に問題があるかもしれませんが、それ以上に知っておきたい内容ですので
敢えてリンクを貼っております。

【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』(リンク先YouTube)
40年以上、原発に反対されてこられた京都大学原子炉実験所助教、小出裕章さんが
3月20日に行われた講演です、1時間46分と長めですが、大変分かりやすい内容です。
時間のあまりない方は1:01頃から1:23頃だけでも御覧下さい。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2011-03-27 00:56 | 暮らし
<< 彫刻家エル・アナツイのアフリカ 東日本大震災と福島原発事故について >>