アシュタンガ・ヨーガ実践と探求
b0000608_17155248.jpg
映画が始めるまでに時間があったので、本屋へ。最近続けているアシュタンガ・ヨガの本を購入した。そして、映画を鑑賞。その後、帰りの電車で読み始めたのだが、本文に映画に出て来たセリフととても似た文章があって驚いた。映画では「自分たちの星では神様だったのに、地球に来ると機械と呼ばれる」といったセリフがあったのだが、この本には「あなたは神に動かされている機械であるという事実を、完全に受入れることだ」とある。まるで嘆きに返す諭しのよう。誰もが知っているような文章ならまだしも、(私という接点があるとしても)全くジャンルが異なるものに、これほど関連した記載があるとは…。こんな偶然もあるものだ。とても不思議な気分になる。
アシュタンガ・ヨーガ実践と探究
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2011-08-07 17:35 | 暮らし
<< メジロ、雨宿り 横浜ブルク13 >>