Mac mini(late2009)メモリ増設
b0000608_19381967.jpg
Mac miniを導入してから、もうすぐ三年。当初音声出力で不具合があった程度で特に問題もなく快調だったが、ここ最近動作がモッサリしてきた。特にウェブブラウザ、フォトショップ、イラストレーターにエクセルなどと複数のアプリを立ち上げていると、風車が回りっぱなしになり、なかなかスムーズに動いてくれない。対策として、AppStoreでメモリを解放するアプリを入れてはみたが、どうやら物理的にメモりが不足しているようだ。いろいろ検索して、メモリを増設することにした。本体ケースを開けるのが少々難しそうだったが、そのほかの作業はそれほどでもない感じがしたからだ。メモリには相性があるとの情報もあり、現状と同じメーカーのメモリを購入した(SAMSUNG DDR3 1066Mhz SO-DIMM 204pin PC3-8500 1066D3N-4G-S)。ケースを開けるためのスクレーパーも準備。動画を見ながらの慎重な作業。たまっていたホコリも取りながら、約一時間半程度で作業終了。無事、メモリを増設することが出来た。念のため、インストールDVDでApple Hardware Testも行い、約二時間半程度で問題ないことを確認した。メモリ増設後はさすがにキビキビした動きだ。複数のアプリを立ち上げても、風車が回りっぱなしということはない。しばらくは、これで行こうと思う。

参考にしたサイト:
カメラトピック『mac mini (Late 2009) 分解と改造その1 ケースを外す
YouTube"Mac mini (Early 2009) Memory Upgrade"
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2011-10-24 19:50 | Mac & PC
<< 森戸 トリック&ユーモア展 >>