Mac OSX Mavericks、その後
b0000608_9381795.jpg
 その後、Mac miniにもMavericksをインストールしてみました。体感的に処理が速くなった印象やストレージ容量が増えたということは特にありませんが、iBooksが使えるようになったのは、やっぱり楽しいですね。大きなモニターで原稿の実寸くらいに拡大されたマンガなどをみると、また違った魅力があり、ワクワクします。ただ一つ残念なのは、一瞬、解像度が低い表示がされ、その後、完全な解像度の表示になるという点です。iPhoneやiPadでは、そんなラグはなく、サクサクなのに不思議です。ブックの内容やこちらの環境にもよるのかもしれませんが、改善を期待しています。

 残念な話ついででいうと、カレンダー。これまでのLion、Mountain Lionでのリアルなカレンダーからスッキリとしたデザインになるということで期待していたのですが、予定の縁取り線がなくなったことで若干フワフワした印象になり、キリッとさせたい私には不満が残ります。また、今日の表示が赤というのも、なんだか休日のようで違和感があります。まぁ、そのうち慣れるとは思います。予定の色と文字の大きさは変更できますが、他にもユーザーが色々自由に設定出来れば良いのにと思いながら、日々使っています。

 前回の記事に書いたillustratorでの問題もなく、数日、調子良く使っていたのですが、先日から起動時のスクリーンが表示されず、モニターが真っ暗という状況が何回か発生して困っていました。そのたび電源長押しでシャットダウンさせて再起動というのも負担がありそうでしたので、音が出ないときの対処法と同じくNVRAM/PRAMクリアをやってみました。電源を落とした後、再び電源を入れるときにcommand 、 option 、 P 、 Rを同時に押し、二回再起動させたのちに、キーから手を離すというものです。詳細はリンク先Apple サポートサイトを参照下さい。これで状況は改善しました。
 
 いろいろ慣れないことはあるとは思いますが、今後も Mavericksを使っていこうと思っています。


追記2013/11/4
NVRAM/PRAMクリアをした後も、起動時の不具合が発生しましたので、結局、Mountain Lionにダウングレードしました。初めてTime Machineを使って復元したのですが、バックアップしたカレンダーのデータが所々消えていたり、Photoshopのライセンシングがエラーで再インストールしたりと、かなり面倒でしたが、とりあえずは大丈夫になったと思います。
<参考サイト>
Appleサポートコミュニティ Mavericからmountain lionへのダウングレード
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2013-11-02 09:58 | Mac & PC
<< シルバーリング制作体験 少しずつ、でも確実に >>