電子絵本、リリースから一年経ってみて
b0000608_7391230.jpg


 電子絵本をリリースしてから、約一年が過ぎました。当初、有料(100~300円)だった作品も、より多くの方に読んで頂きたいとの思いから、すべて無料にした結果、英語版も含め全作品あわせると、なんと40,000を超えるダウンロードを頂きました。ありがとうございます。頂いたレビューも概ね好評のようで、大変嬉しく思っています。その後も「うまくいかないそんなひは」と「おひるねライオン」はそれぞれのカテゴリーで、無料ランキング一位を保持しています。

b0000608_731453.jpg

b0000608_731504.jpg

 とは言うものの、無料ですので、当然ながら売上げはありません。多くの方に喜んで頂ければそれで良いという思いもありますが、生きていくためにはやはりお金が必要になってきます。本業のイラストの方が順風満帆なら何の問題もないのですが、未だに不安定で、時に低空飛行を続けることさえありますので、何とかしてこの状況の打開できないかといつも考えているのです。
 そこで今年二月頃、電子書籍としてそれなりに評価をされているのだから、実際に出版もされやすいのではないかと思い、絞り込んだ絵本の出版社10社に作品の売り込みを掛けてみました。それから半年が経ちますが、結果はいずれも梨の礫。現状、出版には至っていません。今は出版業界も厳しいらしく、話題に上っていたり、売れると分かっているものしか、出版しないという話しも耳にします。実際のところ、無料ランキング1位になったくらいでは、それほど評価されないのかもしれません。次回作のプランはいくつもあって300円くらいでリリースしたいなとは思っているのですが、今は好評を頂いている「リルとグランデ」も昨年末 300円でリリースしたときは全く振るわなかったことを思うと、なかなか一歩を踏み出せずにいます。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2014-08-05 09:00 | Mac & PC
<< LINEスタンプ 夕暮れの森戸海岸 >>