旧前田侯爵邸洋館にて
b0000608_2234493.jpg
個人邸宅の贅沢さでは東洋一と評される、旧前田侯爵邸洋館を訪ねました。建築のことは良く分からないのですが、パンフレットを見ると、建物の意匠はイギリス・チューダー様式で、外壁はスクラッチ・タイル。マントルピースにはイタリア産大理石を使い、壁にはフランス産絹織物を貼っているそうです。重厚な雰囲気がとても素敵でした。開館は土曜日曜のみで、入場料は無料です。




b0000608_228219.jpg
建物裏手には公園があり、芝生があるのですが、そこでくつろぐのは何故か外人ばかり。1929年に欧州建築の粋を集めて建築されたといっても、不思議ですね。何だか日本人は日本のいいものを忘れてしまっているような気がして、チョット残念な気持ちになりました。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-08-06 22:21 | 暮らし
<< sunset Tokyo 銀座、星野道夫展へ >>