葉山へ、なんとか引越しました・・・
b0000608_23343650.jpg
先週末、葉山に引越ししました。とてもとても万事順調というわけではなく、結構なハードスケジュールでした。荷造りは連日深夜3時にまで及び、寝不足で朦朧としているなか、やって来た「顧客満足度No.1」だという引越し業者はウチの前で平然とタバコを吸い、挨拶もロクにせず、注意してもまるで他人事のような素振り。なんとか天気だけは持ち応えましたが、心の中は大荒れ。ホントに泣きたいような気持ちでした。それでも業者にお茶や菓子などの差し入れをしたせいか、葉山での荷受はとてもスムーズ。義母も手伝いに駆けつけてくれたお陰で、心強く葉山での初日をスタートすることが出来ました。

翌二日目の朝は、雨上がりの青空。窓から見える雪の富士山(上写真)には感激してしまいました。購入した車もキレイに化粧直しされて、納車。心も軽く、義母を駅まで送ろうかと、車を出したそのときです。ガガガガッ。暗くてよく見えない細い道の縁石に、左右のドアを擦ってしまったのです。買ったばかり納車したてなので、それはそれは相当ショックで、非常に凹みましたが、妻が「初めてのマイカーだし、まっいっか」などと懸命に励ましてくれたので、助かりました。形あるものはいつか壊れるし、誰も傷付けたわけではないので、もしかしたら、不幸中の幸い。これを機に気を引き締めろということかもしれません。

こんな感じでスタートした葉山暮らし。さてはて、どうなることやら。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2007-01-23 00:04 | 暮らし
<< 差し入れ、頂きました 車、買いました >>