六月の私
b0000608_2125358.jpg
当初、六月はサイトリニューアル作業を進める予定でしたが、体調を崩し、作業は一時中断。そのせいで意外な発見があった月となりました。

まずは六月の初め。右耳が塞がったような感じになり、冷蔵庫のモーター音や車のエンジン音など低い音がとても響いて痛むので、耳鼻科に行きました。診てもらうと原因は、意外にも、鼻。鼻が曲がって空気の通り道が狭くなり呼吸がしづらくなっているせいで口で呼吸しがちになり、そのせいで喉が慢性的に炎症を起し易くなっており、今回も喉の炎症が引き金となって耳が痛んでいるとのことでした。「このままでは心臓肥大になるっ。週に二回は治療に来なさいっっ」と言われましたが、もう三十余年もこれで過ごしてきて無事なので、今後は鼻呼吸を習慣づけることで様子を見ようと思っています。調べてみると、動物は大抵鼻で呼吸をするそうですが、人間は喋るので特別に口でも呼吸できるようになったそうで、乳児期のおしゃぶりを早くに止めると口呼吸し易くなってしまうという説もあるようです。ちなみに、どうして私の鼻が曲がったかというと、おそらく子供の頃に鼻を高くしようとして日々自分で鼻を摘んでいたせいではないかと思っています(笑)。

そうして耳は程なく治ったのですが、今度は腰を痛めてしまいました。シャワーを浴びる前に鏡で少し凹んだお腹を何気なく見ていたときに、背中にピキッと痛みが走ると、どんどんと痛みは増し、それから三日間は満足に動くこともできませんでした。四日目からはウソのように痛みは引いたので、いわゆるギックリ腰なのでしょうね。以前腰を悪くしたことがあったので日頃から腰には気をつけてはいたのですが、今回あまりに突然だったので本当にビックリしました。思い当たる原因は、毎朝のヨガです(笑)。本を見て、それに従って日々行なっていたのですが、それが昔痛めた腰や骨盤や股関節などに負担を掛けていたのではないかと思いました。痛みは治まったとはいえ、気になるので整体に行ってみると、原因は腰や骨盤などよりも背中なのだとか。背中は感覚が比較的鈍く、腰や肩よりもコリに気付かず疲労しているケースが多いそうです。仕事中はずっと座ったままでそれが想像以上に背中に負担を掛けているようなので、今後は適度に休憩をはさんで体操するなどして気をつけようと思っています。

もう腰も耳もすっかり良くなったのですが、今回いかに当たり前のことが出来ないことが不自由か知る良い機会になりました。何気ない毎日こそが大事なのでしょうね。痛みや病気は、体が正常なバランスを保ち切れなくなっているために起き、それはバランスを元に戻すいいキッカケという話もあります。健康第一。これからも姿勢や呼吸など、いろいろと気をつけて過ごそうと思っています。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2007-06-30 22:28 | 暮らし
<< イラストレーターの或る一日 海開き >>