自然が豊かはいいけれど・・・
b0000608_1813068.jpg
折角、自然豊な葉山に暮らすのだから出来るだけ自然素材のモノを使おう、と勢い揃えたラタンやルピスのカゴや小物入れなどに、このところの長雨のせいで、白や深緑のカビがモッサリと生えているのに気が付いたのは、三日前のこと。他は大丈夫かとよくよく見てみると、浴室の床や下駄箱の中のブーツにもカビが・・・。まめに掃除しているつもりだっただけに何だかすっかり気落ちしてしまいましたが、落ち込んでばかりもいられません。翌日は雨も上がって少し日が差してきたので、すかさず大掃除です。まずは浴室のカビ取り。カビた靴、小物入れなどは処分。バスケットの中に入れていたタオルは少し湿っているでだけで大丈夫そうだったので、すべて洗濯&乾燥。押入れに入っていた布団もすべて出して干し、カーペットにも掃除機の十文字がけ。その後、ホームセンターに直行。乾燥剤とバイオ防カビ剤を購入し、要所要所に設置。エアコンの除湿と扇風機を掛けると、湿度計も60%をさらりと下回ったので、これでしばらくは大丈夫でしょう。
それにしても、葉山は生命力に溢れています。庭に出ただけで緑鮮やかなイモムシがいたり、のっそりとクワガタが這っていたりします。道にヘビがいたり、朝からウグイスが鳴いていたりと自然を感じない日はありませんが、さきほどのカビやキッチンに侵入してくるアリ、切りがない庭の雑草たちには弱ってしまいます。都市より自然を選ぶのなら、こうした問題もうまくやり過ごさないといけないのでしょうね。さてさて。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2007-07-21 19:21 | 暮らし
<< ホームページ、リニューアルしました マクロビ風プレートランチ >>