夏の夕日に
b0000608_18542766.jpg
暑くて眠れない夜が続く。4時頃にボンヤリと起き出し、ストレッチをしたり、ヨガをしたり。蝉たちが歌い始め、日が昇ると、また暑い一日が始まる。それでも家中の窓を開け放つと、山からの涼しい風。一息つき、頼まれていたイラストに集中して仕上げる。プリントして出来を確認。夕方、鉢植えに水をやった後、ウェブをチェックしていると、水の事故やら少年犯罪やら。果たして世の中はどうなっていくのだろう。窓の外を見ると、夕日に心奪われる。近くの山に登り、何枚か写真を撮る。ウチに戻ると、家の前の道路にジュースか何かを流した後。花壇の方へ続いている。一体どういうつもりだったのだろう。気にしてもしかたない。明日もいい日でありますように。



追記
その後、妻が戻ったので車で夕食へ。最近出来た餃子屋でラーメンでも食べようかと思ったら、すでに閉店後。さてはてどうしたものかと迷い、馴染みのシチリア料理店へ向かうが、こちらはお休み。むむむっ困ったなと空腹を抱きつつ、ひらめいて葉山マリーナへ。いつもの中華料理店に行く前に、先頃オープンしたフレンチ料理店をチラリとのぞいてみる。大人な感じにとてもひっそりとしており、さてはお休みかと思いきや、各テーブルにキャンドルライトが灯っていたので、とりあえずドアを押す。出迎えてくれたウエイターに禁煙を確認し、着席。ディナー・コースを注文。運ばれてきた料理は、凝っているのに素材を生かしていて、どれもとても美味しい。盛り付けもセンス良し。接客して頂いたマネージャーと楽しくお話しをしているうちに、そこは以前行こうと思いながらも2005年頃に惜しまれつつ閉店した恩波亭であることに気付きビックリ。流石、どおりで。食事が終わると何故か、名刺交換。こんな交流は都内ではとてもありえません。そこが葉山のいいところかもしれませんね。美味しいお料理と、さまざまな人生談義に元気を頂いた夜でした。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2007-08-06 22:40 | 暮らし
<< 昼下がりのビーチ 週末、城ヶ島へ >>