雨の中、東京へ
b0000608_23713100.jpg
打ち合わせのため、雨の中、都心へと向かう。バスと電車で、片道2時間。思わず、渋谷に住んでいた頃との違いを嘆きたくなってしまうが、それはそれ。ちょっとした旅気分で頭も回るというものだ。担当者からひとしきり新案件について説明を受けた後、いまだに「おひるねライオン」が高い評価だと聞き、嬉しくなってしまう。普段はメールでのやり取りが大半だが、こうして実際に話をすると、やはり安心する。





b0000608_23181154.jpg
せっかくなので、東京駅前の丸ビル、新丸ビルを散策。さまざまな刺激を受け、イタリアンレストランで夕食。ところが、これがイマイチ。店内がガラガラなのに客を奥から詰めて座らせたり、スタッフ同士がカウンター内で盛り上がってたりと、なんだか大学生の模擬店にでも来たかのよう。最近、ミドルクラスのレストランでこうした残念な対応をよく受けるんだよなぁと妻に愚痴ると、「葉山のレストランにすっかり甘やかされちゃったんじゃないの」と言う。なるほど、葉山に来る前はただただ料理にばかりフォーカスしていて、スタッフの持て成しなど今ほど期待していなかったかもしれない。それに、葉山のレストランのホスピタリティを都心のバイトの子に求めても、それは無理かもしれない。何だか葉山に越して良かったんだか、悪かったんだか。とりあえず、今日の悔しさは作品作りの原動力の一部にはなると思う(笑)
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2008-02-12 23:36 | 暮らし
<< 近づく春 motion for the ... >>