<   2006年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
街がどんなに混んでても
空は大抵、空いてます。
b0000608_22305530.jpg
新宿にて
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-01-31 22:32 | ソト空
初めて通る道
b0000608_1240137.jpg
半月板を割って入院している友達を見舞いに行くのに初めて通った道で、いつもと違った風景の中にある東京タワーを発見。嬉しくなってデジタルカメラで撮りました。上京してもう十何年も経ちますが、まだまだ東京には知らない場所が多いのです。

その途中にも
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-01-30 12:44 | ソト空
一瞬眺めた夕空
b0000608_20385283.jpg

最近またバタバタと忙しい日々を送っておりますが、一瞬眺めた夕空がとてもキレイでした。思わず、携帯していたデジカメでパチリッ。しばしの和みです。それではまた作業に戻ります。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-01-24 20:42 | ソト空
妻の名古屋土産
b0000608_0254581.jpg
名古屋に行っていた妻を迎えに東京駅へ。夜の東京駅はてっきりライトアップされているとばかり思っていたのですが、真っ暗でチョット残念でした。(コンパクトデジカメで撮ったものをフィルムカメラの比率でトリミングしています)

そしてお土産は
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-01-23 00:30 | ウチ食
雪の日の東京タワー
朝から雪です。今日は一日作業をする予定でしたが、ふと雪の日の東京タワーってどんな感じだろうと思うと気になって気になって、思わず出掛けてしまいました。直接の原因ではないかもしれませんが、雪の北海道から帰ってきてF80が壊れてしまったので、今回は防滴性のあるF100を持って行くことにしました。
さてさて東京タワーはというと、こんな感じです。
b0000608_1713296.jpg
雪が積もって真っ白になってるかな、などと思いましたが、いつもとあまり変わりませんでした(笑)。
折角なので展望台へ上がることにしました。天候不良のため、高さ250mの特別展望台はお休みでしたが150mの大展望台までは上がれます。何枚か雪景色も撮りましたが思ったほど感動もなく、現像してみてもパッとしなかったので、コチラにはアップしていません。

ガラスの床から下を見る
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-01-21 17:24 | フィルム写真
上野動物園に行く
b0000608_20265869.jpg
もう十何年かぶりに上野動物園に行きました。動物たちは午後の日差しの中でのんびりと過ごしていました。

気になったのはこの鳥。とても不思議な顔をしています。
b0000608_20275054.jpg


でも鳴くときは・・・
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-01-20 20:30 | フィルム写真
皇居周辺散策
b0000608_0215728.jpg

日暮れ前、カメラを持って皇居周辺を散策してみました。何枚か撮ったのですが、今回は何だか画質が荒くなってしまいました。カメラの設定が間違っていたのか、それともスキャナーの設定か?或いはフィルム?何だか良く分かりませんが折角なのでアップします(笑)。

もっと見る?
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-01-20 00:40 | フィルム写真
最近食べたもの
b0000608_0133850.jpg

左からカジキの和風ムニエルとアサリの味噌汁(ウチ食)、鶏肉のフォー、タピオカとバナナの温かいデザート(ソト食:ベトナムガーデン)。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-01-17 00:17 | ソト食
東京都写真美術館に行ってきました
打合せの帰りに、東京都写真美術館に行ってきました。
b0000608_1284172.jpg

写真展岡本太郎の視線と植田正治写真展の両方を駆け足で見たのですが、好みは植田さん。
岡本太郎さんの写真展では、使っていたカメラとしてオリンパス・ペンFTやペンタックスSPなどが(まるで骨董品のように)丁寧にガラスケースに入れられて展示されていましたが、義父から借りたキヤノンFTQLも同時期のカメラなので『まだ使ってるよ!』とか思うと何だか可笑しかったです。写真はやはり岡本さんらしくエネルギッシュでした。写真に没頭された時期もあったようですが、ご自分でもプロには叶わないと仰っていた様です。現像したフィルムをそのまま拡大して展示されていたのが印象的でした。
一方、植田さんの写真展は、上品でユーモアに満ちた明るいものでした。ちょうど(植田さんの晩年をともに過ごしたという)学芸員の方のレクチャーを聞きながら見ることが出来たので、非常によく理解することが出来ました。彼の話によると植田さんは何でも面白がれる人で、いいと思ったらマネをすることも厭わない方だったようです。そうした自由な人柄が今でも世界中の人々を魅了するのでしょうね。

ふと見ると・・・
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-01-14 01:50 | Art
さらにキヤノンFTQLを使ってみる
露出計が生きているということを知り、仕事の合間を縫って、キヤノンFTQLで何枚か撮影してみました。
b0000608_10391069.jpg
フィルムISO400、絞り8、シャッター速度1/1000秒です。

その他の写真
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-01-13 11:05 | フィルム写真