<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
水面に映る夕陽
b0000608_628215.jpg
水面に映る夕陽。何かが現れそうなくらいの輝き。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2011-06-30 06:29 | ウチ空
SCAPES
b0000608_17455460.jpg
ランチに、カリカリに焼き上げたスズキのポワレ、パルメザンチーズの入ったリゾット添えをSCAPESにて。都会的センスとテキパキとしたスタッフで快適に過ごす。打合せにいいかも。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2011-06-23 17:46 | ソト食
夕闇
b0000608_9304291.jpg

[PR]
by yutaka-yamawaki | 2011-06-21 09:31 | ウチ空
フォントのふしぎ
b0000608_18111326.jpg
品川駅のエキナカ(ecute)は、東京駅ほどの気忙しさもなく、大船駅よりも充実していて、楽しい。その中のPAPER WALL。本のセレクトショップといった趣きで、興味をそそる本たちにすぐに出会える。つい買ってしまったのは、「フォントのふしぎ」。フォントというのは字体のことで、文章などの印象を大きく左右する。デザインに関わった人ならその重要性をよく分かっている。そのフォントを日頃目にするブランドのロゴやパリのメトロの使用例などから分かりやすく解説。写真もキレイ。目を奪われて手に取った表紙の写真たち、実は帯広告。
フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2011-06-19 18:30 | Art
最近のお仕事
b0000608_15215813.jpg
主婦と生活社「ためしてガッテン2011年夏号」にて『一生役立つ歯のトラブル対策』のイラストを担当させて頂きました。ダイエットの新常識など健康に役立つ情報が満載で、690円はかなりお買い得だと思います。ぜひお買い求め下さい。
NHK ためしてガッテン 2011年 08月号 [雑誌]
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2011-06-18 15:28 | お知らせ
タイ文化フェスティバル2011
b0000608_2248147.jpg
 タイ文化フェスティバル2011。上野公園にて。思ったよりこじんまりとした規模だったが、タイ料理には長蛇の列で、売り切れのメニューも続出。時間的に厳しかったので、今回は断念して帰路へ。
 震災を受け、タイからは火力発電施設を二基、無償で貸与して頂けるとのことで、本当にありがたいことだ。バンコク週報記事にもあるが、タイ側の申し出は三基、日本側が二基で良いと断ったらしい。その理由は何だろう。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2011-06-12 23:04 | 暮らし
銀座ネコ
b0000608_22422837.jpg
休日の銀座は刺激的で楽しい。人だかりの先には、ネコ。幅10cmほどの看板の上でお昼寝。別に降りれなくなった訳ではなく、そこが居心地が良いらしい。ひっきりなしの撮影にもお構いなしの様子。
b0000608_22432961.jpg

[PR]
by yutaka-yamawaki | 2011-06-12 22:47 | 暮らし
ゴジラ
b0000608_1037558.jpg
1954年(昭和29年)に公開された怪獣映画。『本多猪四郎監督は制作に当たり、田中P、円谷監督と三人で「撮影に当たり我々自身、決して荒唐無稽の怪獣映画との照れの気持ちを絶対に持たないこと。原爆の驚怖(原文ママ)に対する憎しみと驚きの目で造っていこう、現に目の前に原水爆実験で蘇生した、とてつもない怪獣が日本へ、東京へ現れたらどうするか、その現実感の狙いを忘れないで撮影しようと固く申し合わせた」と著している(Wikipediaより引用)』
口から放射能を吐く大怪獣が、今となっては、より一層恐ろしく思える。もう一度見直したい。

追記:2011/06/14
DVDにてゴジラを鑑賞。いわゆる子供向けの怪獣映画ではなく、ドキュメントタッチのミステリー映画の雰囲気。志村喬さんら出演者の演技、CG全盛の今とは違い着ぐるみとミニチュアを駆使した特撮の存在感、伊福部昭さんの音楽、どれもが素晴らしい。広島長崎の原爆、終戦、そしてその後のビキニ環礁核実験や第五福竜丸の被爆事件を踏まえた内容にも熱い思いを感じる。ゴジラが水爆実験で生まれたと発表すれば国際問題や国民のパニックを招くとし、隠蔽しようとする与党と『バカ者、何を言うとるか!事実は堂々と発表しろ』と気を吐く女性議員(菅井きん)のシーンも印象的だった。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2011-06-12 10:42 | Art
放射能対策
 震災から3ヶ月。福島原発事故は依然収束の目処も経っていない。5月中旬発表の工程表では、7月中旬までに「放射線量が着実に減少傾向」、10月中旬から来年1月中旬で「放射線量を大幅に抑制」を目標にしている。逆に言えば、現状はそうではないということだろう。6月4日の1号機建屋内でこれまでで最高の4000mSv/hの湯気が出たというニュースからも、とても制御出来ない厳しい現状が伺える。危機感を煽るつもりはないが、このままこの日本で暮らしていくならば、個人個人で何らかの放射能対策をしていかなければならないと思う。

 夏が近いせいもあってか、マスクをしている人は稀だが、状況によってはマスクをした方が良いと思う。私はドイツ気象局による放射性物質拡散予測を参考にしている。洗濯物を屋外に干すこともない。
 放射線被曝と消化管への影響(YouTube)を見ると、内臓の中で最も放射能に弱いのは小腸だそうで、腸内環境を健全に保つことが、放射能対策につながるらしい。そのためには腐敗するもの酸化するもの(焼肉、炒め物、揚げ物など)はあまり食べない方が良く、ご飯や野菜、いろんな種類の発酵食品を摂取することが良いとのこと。
 長崎の原爆被爆者の救助に当たったスタッフに原爆症の症状が出なかったという話もある。塩と玄米とみそ汁で救われたとのことだが、味噌も発酵食品なので、前述の内容と一致する。
 米のとぎ汁を発酵させたものには乳酸菌がたくさん含まれていて、それを飲むと良いという話もある。失敗例もあるようだが、私はもっと簡単なリジュベラックを飲むようにしている。
 カレーの主要スパイスであるターメリック(粉ウコン)に含まれる有効成分クルクミンに放射線が人体に与える悪い影響を少なくする可能性があるという話もある。

 神経質だと思われないだろうかとか、人目が気になるとか言っていないで、いろいろ調べて、良いと思ったら、とにかく実践してみるのが良いと思う。数年後も健康でいられたなら笑い話で済むだろうが、もし何らかの病気になっていれば、後悔するに違いない。まだ今なら間に合うと思う。


追記:2011/06/07
リンゴやバナナも良いようです。
ブログ、ベラルーシの部屋『被曝対策。摂取したほうがいいもの』。

追記:2011/06/10
原発関連の情報がまとまっているサイト。
子供を守ろうSAVE CHILD
もにぽブログ
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2011-06-05 16:50 | 暮らし
丹沢に沈む夕日
b0000608_19404256.jpg
18:40
b0000608_1941290.jpg
18:57
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2011-06-03 19:43 | ウチ空