「ほっ」と。キャンペーン
タグ:写真展 ( 5 ) タグの人気記事
銀座、星野道夫展へ
b0000608_9584572.jpg
本格的に暑くなって来ましたね。皆さん、体調はいかがですか?私は妻の勧めもあって食生活をマクロビオティック化して、クーラーも控えて、この夏を何とか乗り切る計画ですが、どうなることやら(笑)。
さて、銀座に星野道夫さんの写真展を見に行きました。素直な視点で捉えられたアラスカの自然や動物の写真、総数約230点はどれも素晴らしく、メインのB0やB1サイズの大きな作品群はまさに圧巻!魂を揺さぶられるようでした。来場されている方の年齢層の幅の広さからも、いかに星野さんの写真が魅力的かが分かります。8月14日まで松屋銀座8階大催場での開催です。
その写真展会場の写真を撮るわけには行きませんので、有楽町ソニービル前特設アクアリウムの写真をアップします。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-08-06 10:28 | Art
曙橋にて
b0000608_8201624.jpg
hanaさんの個展を見に曙橋へ。こじんまりした空間が心地よかったです。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-07-31 08:21 | 暮らし
お台場散策
b0000608_22254960.jpg

菅原一剛さんの写真展を見にお台場へ行ってきました。会場には菅原さんご本人がいらっしゃったので何か話しかけようかとも思いましたが、何を話せば良いか分からず(笑)結局声を掛けずじまいでした。写真展の内容はとても素晴らしかったです。白と黒の存在感が凄まじく、写真というよりは版画に近いような印象で、とてもアートな雰囲気でした。

折角お台場に来たので、普段は全く興味のない『四柱推命』占いをやってもらいました。占い師によると、私は物凄く良い星の生まれだそうで、2010年には大ブレークするとのこと。何だか嬉しくなってお台場を後にしました。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-06-04 22:45 | Art
三好和義写真展
先日、三好和義さんの写真展に行って来ました。高島屋の特設会場に約200点の展示はかなりのボリュームで、流れる久石譲さんの音楽とともに心は癒されっぱなしです。訪れた方々も写真を見ながら自然に笑顔になっていくような素敵な写真展でした。連日二時と四時には三好さんご本人による解説もありますので、その時間に合わせて行かれるのがいいかもしれませんね。モルディブの新作はD200で撮られたそうですが、水の透明感や砂浜の白がフィルム以上に再現されたとのことでした。またしてもD200の購入意欲が湧いてきてしまいます(笑)。
b0000608_10251578.jpg
図録は閉じた状態でB4くらい、開くとB3くらいになる大型のもので、新開発の極めて白く光沢のある紙に印刷されたそうです。見開きごとに一つの写真が大きく刷られているので、そのまま部屋に飾っておけそうな勢いです。アサヒカメラにも三好さんの特集記事が載っています。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-04-27 10:42 | Art
東京都写真美術館に行ってきました
打合せの帰りに、東京都写真美術館に行ってきました。
b0000608_1284172.jpg

写真展岡本太郎の視線と植田正治写真展の両方を駆け足で見たのですが、好みは植田さん。
岡本太郎さんの写真展では、使っていたカメラとしてオリンパス・ペンFTやペンタックスSPなどが(まるで骨董品のように)丁寧にガラスケースに入れられて展示されていましたが、義父から借りたキヤノンFTQLも同時期のカメラなので『まだ使ってるよ!』とか思うと何だか可笑しかったです。写真はやはり岡本さんらしくエネルギッシュでした。写真に没頭された時期もあったようですが、ご自分でもプロには叶わないと仰っていた様です。現像したフィルムをそのまま拡大して展示されていたのが印象的でした。
一方、植田さんの写真展は、上品でユーモアに満ちた明るいものでした。ちょうど(植田さんの晩年をともに過ごしたという)学芸員の方のレクチャーを聞きながら見ることが出来たので、非常によく理解することが出来ました。彼の話によると植田さんは何でも面白がれる人で、いいと思ったらマネをすることも厭わない方だったようです。そうした自由な人柄が今でも世界中の人々を魅了するのでしょうね。

ふと見ると・・・
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2006-01-14 01:50 | Art