渋谷山手線、高架下
b0000608_1842122.jpg

何枚かフィルムで撮ってみて思ったことは、現実をそのままシャープに切り取るデジカメとは違って、フィルムは何だか映画っぽい感じがするなぁということです。それが店員さんの言っていた空気感の違いなのかもしれませんね。そうはいっても、現像が上がった第一印象では『えっ!?こうじゃなかったのに・・・』と自分の目で見た実際の景色と写真の仕上がりのギャップに戸惑ってしまいました。けれども何度も見ているうちに何だか見慣れてしまい、『うん、よく撮れてる!』などと自画自賛してしまったりするから不思議です(笑)。
[PR]
by yutaka-yamawaki | 2005-09-30 18:44 | フィルム写真
<< 花園神社 爽やかな秋空 >>